一番安いパルワールド用自作ゲーミングPCのビルド例

こんにちは。とっかです。

某ポケ〇ンによく似たオープンワールドサバイバルゲーム「パルワールド」を始めてみたのですが、画質設定によってはかなり重かったので快適に動くゲーミングPCを組んでみました。

以下の内容が知りたい方は是非参考にしてみてください↓

『パルワールド向きに一番安く組んだ自作PCビルド』

『だいたいの予算』

なお、PC版パルワールドでは最大120FPSまでとなっているようなので、そこを目指して組んでいきたいと思います。

パルワールドの快適動作に必要なスペック

公式の推奨スペックは以下の通りです。

  • プロセッサー: i9-9900K 3.6 GHz 8 Core
  • メモリー: 32 GB RAM
  • グラフィック: GeForce RTX 2070
  • ストレージ: 40 GB の空き容量
引用元:https://store.steampowered.com/app/1623730/Palworld/

公式で推奨されているスペックは「60FPSで快適に動作する」程度のスペックが一般的ですので、120FPSで快適に動作するマシンはもう少し必要です。

しかも、パルワールドでは”公式の推奨スペック”でRTX2070以上が提示されているので、かなり重たいゲームと言っても良いでしょう。

メモリーも他のゲームでは大抵16GBが推奨されていますが、パルワールドは32GBです。

パルワールド用ゲーミングPCのビルド例

※PCを1台も持っていない人はOS(windows)も合わせて買う必要があります。

created by Rinker
マイクロソフト
¥16,400 (2024/04/24 15:35:02時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、Windowsのライセンス認証がされているPCがあれば自作PCに移行することも出来るので新しく買う必要はありません。具体的な確認方法は以下の通り↓
「スタートメニュー」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「ライセンス認証」を確認。「Windowsは、Microsoftアカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています。」となっていればOK。

予算13万円以下:60FPS高画質で遊びたい人向け

グラボ:GeForce RTX 4060
CPU:AMD Ryzen 7 5700X
CPUクーラー:DeepCool AK400
マザーボード:ASRock B550
メモリー:16GB DDR4 3200Mhz x2
ストレージ:500gb SSD
電源:600W 80PLUS
ケース:Thermaltake S100

この構成は、『60FPS高画質』または『低画質で120FPS』を目標に、初心者にも扱いやすいパーツを組み合わせたものです。

パルワールドの推奨スペックと同等か、それより少し上くらいのパーツで揃えたのでパルワールドをやるなら最低ラインの構成と考えてOKです。

1. グラフィックボード:GeForce RTX 4060

created by Rinker
MSI
¥49,291 (2024/04/23 21:45:01時点 Amazon調べ-詳細)
  • 最新のDLSS技術を採用
  • フルHDモニターで、ほとんどのゲームを144fps以上で動作させる性能
  • レイトレーシングにも対応し、映像美の追求も可能

2. CPU:AMD Ryzen 7 5700X

  • 8コア16スレッドの高性能CPU
  • ゲームだけでなく、動画編集や配信にも十分な性能
  • CPUクーラーは付属していないので注意

3. CPUクーラー:DeepCool AK400

created by Rinker
DEEPCOOL
¥3,440 (2024/04/23 21:45:02時点 Amazon調べ-詳細)
  • 冷却性能がこの価格帯では最強
  • 静音性に優れ、ゲームに集中できる環境を提供
  • 価格も手頃でコストパフォーマンスに優れている

4. マザーボード:ASRock B550M Steel Legend

  • Ryzen 5000シリーズに対応
  • 高い安定性と耐久性

5. メモリ:16GB DDR4 3200MHz x2

  • デュアルチャネル構成で、ゲーム性能を向上
  • 合計32GBの大容量になるので今後も困ることはない
  • 圧倒的なコスパ

6. ストレージ:500gb SSD

  • SSDは高速な読み書き速度で、ゲームの起動やロード時間を短縮
  • 静音性に優れ、動作音も静か

7. 電源:600W 80PLUS Bronze

created by Rinker
玄人志向
¥8,580 (2024/04/23 21:45:05時点 Amazon調べ-詳細)
  • この構成に必要な電力供給を十分に可能
  • 80PLUS Bronze認証取得で、高い変換効率を実現
  • 安定性と信頼性に優れている

8. ケース:Thermaltake S100

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 中身が見える
  • ケーブルマネジメントしやすい
  • 初心者でも組み立てやすい

以下は、この構成のメリットとデメリットです。

メリット

  • 画質設定を下げれば120FPSでも動かせる
  • 初心者でも扱いやすいパーツを組み合わせている
  • コストパフォーマンスの優れるパーツだけで揃えた

デメリット

  • パルワールドや、最新のハイエンドゲームを最高画質でプレイするには少し性能が足りない
  • 4K解像度モニターでゲームをプレイするには、グラフィックボードの性能が不足する
  • 将来的にCPUをアップグレードしたい場合は、マザーボードも交換する必要がある

この構成は、以下の目的におすすめです。

  • フルHD環境で、Apex Legends、Fortnite、VALORANTなどのゲームを144FPS以上でプレイしたい
  • 高画質なゲームを、カクカクすることなく楽しみたい
  • パルワールドが快適に遊べる中でも一番安いパーツ構成にしたい

予算18万円以下:120FPSで遊びたい人向け

グラボ:GeForce RTX 4070
CPU:Core i5 13500
CPUクーラー:DeepCool AK400
マザーボード:MSI B760
メモリー:16GB DDR4 3200Mhz x2
ストレージ:500gb SSD
電源:750W 80PLUS Bronze
ケース:Thermaltake S100

この構成は、『120FPS高画質』を目標にコスパの良いパーツだけで組んだビルドです。

144Hzのゲーミングモニターや、WQHDの高解像度モニターを使って快適に遊びたい人向けのビルドですね。

1. グラフィックボード:GeForce RTX 4070

  • 最新のDLSS技術を採用
  • フルHD環境で、多くのゲームを高画質で144fps以上で動作させる性能
  • ミドル~ハイクラスのGPUの割に消費電力が200Wと少ないので電気代が節約できる

2. CPU:Core i5 13500

created by Rinker
インテル(Intel)
¥38,980 (2024/04/23 21:45:07時点 Amazon調べ-詳細)
  • 14コア20スレッドの高性能CPU
  • ゲームだけでなく、動画編集や配信にも十分な性能
  • ソケットタイプがIntelの最新世代と同じ『LGA1700』なので、アップグレードしたくなったらマザーボードの交換要らずですぐに付け替えられる

3. CPUクーラー:DeepCool AK400

created by Rinker
DEEPCOOL
¥3,440 (2024/04/23 21:45:02時点 Amazon調べ-詳細)
  • 冷却性能がこの価格帯では最強
  • 静音性に優れ、ゲームに集中できる環境を提供
  • 価格も手頃でコストパフォーマンスに優れている

4. マザーボード:MSI B760

  • Core 13000シリーズ、14000シリーズに対応
  • 高い安定性と耐久性
  • WiFi 6E対応で、無線環境でも高速な通信が可能に

5. メモリ:16GB DDR4 3200MHz x2

  • デュアルチャネル構成で、ゲーム性能を向上
  • 合計32GBの大容量になるので今後も困ることはない
  • 圧倒的なコスパ

6. ストレージ:500GB SSD

  • 高速な読み書き速度で、ゲームの起動やロード時間を短縮
  • 静音性に優れ、動作音も静か

7. 電源:750W 80PLUS Bronze

created by Rinker
玄人志向
¥9,534 (2024/04/23 21:45:08時点 Amazon調べ-詳細)
  • この構成に必要な電力供給を十分に可能
  • 余裕を持ったパワーなのでCPUやGPUを強化しても対応可

8. ケース:Thermaltake S100

  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 中身が見える
  • ケーブルマネジメントしやすい
  • 初心者でも組み立てやすい

メリット

  • ほとんどのゲームが144FPS以上で動作可能
  • パルワールドほど重たいゲームじゃなければ2Kモニターや240Hzモニターでも十分遊べる
  • ミドル~ハイエンドクラスのパーツ構成だが、CPU・グラボ共に消費電力が抑えれらているので電気代がかからない
  • マザーボードがLGA1700なのでIntel CPUの12、13、14世代と互換性があり、選択肢が非常に多い

デメリット

  • パルワールドやサイバーパンク2077など重量級のゲームを4K解像度でプレイするには、性能が足りない

まとめ

以上、パルワールド用におすすめする自作ゲーミングPCのビルド例でした。

このゲームが快適に動くレベルのPCを組んじゃえばApex、Valorant、LoL、FF、マイクラなど人気タイトルはサクサク遊べます。

自作PCの一番のメリットは『削れるとこは削って、狙ったゲームにとって一番コスパの良いパーツだけで組める』点だと思いますが、パルワールドはどう頑張っても10万円以下だと快適に遊べないので注意しましょう!

コメント